【4-1勝利!】9月14日(土)DSD Düsseldorf戦

先週末はデュッセルドルフの2チームと、ホームで試合がありました。

今回は9/14(土)に対戦したDSD Düsseldorfとの試合レビューをします。

 

DSD Düsseldorfって?

ドイツ西部に位置するデュッセルドルフをホームとするチームで、昨シーズンの後半戦は2-1で勝利した対戦相手でした。

運動量を武器にしたプレッシングに加えて、今シーズンから加入したアイルランドの代表選手を中心としたロングボールが武器のチームです。

 

デュッセルドルフはドイツ西部に位置し、人口は61万人とドイツで7番目に大きな都市です。

ドイツで最も日本人が多く住む都市で、日本食も気軽に食べることが出来ます。(高いですけど)

乃木坂46の生田絵梨花さんが生まれたのもここです。なんかいいですよね笑

 

試合は4-1で勝利!

 

勝利しました!先発メンバーと試合展開は次の通りです。

FW           Yuki  Jona

MF Nic S   Hohe   Spina    Henri

DF Markus          Konsti

              Philip  Jacob

GK                Johann

 

Q1 0-1

開始直後から一方的に攻め込まれる展開になります。Rissenのプレスがはまらず、ビルドアップも上手くいきません。

全体的にラインが下がり、中盤のスペースが狭く、またMFが外に張り出すポジショニングをしていたことから縦のボールも通らず攻め手を失った状況。

苦しい中で、ペナルティーコーナーを取られ、パッサーのタッチであっさり失点します。

 

Q2 1-0

Q1を踏まえ、前線から激しくプレッシャーをかけることで徐々にRissenのポゼッションが高まります。

2つ目に獲得したPCで、Philipが右下にフリックを突き刺し、試合を振り出しに戻します。

このクオーターはプレッシングで流れを引き寄せられることを改めて実感することとなりました。

 

Q3 1-0

さらに運動量をあげて前線からプレッシャーをかけ続けます。

Q3 5分に流れの中から僕がドリブルインし、PCを獲得。大外タッチのリバウンドから僕→Philipで得点。ついにリードを奪います。

しかし良い流れの中で、Jakobがイエローカード。10分間の退場となり、守りの時間となります。

あわや失点という場面もありましたが、直前にPCの笛が鳴っており、何とかしのぎます。

10人で良く守りました。

 

Q4 2-0

最初の7分を10人で守ります。人数不利の状況でも、何度かカウンターで敵陣に攻め入るなど互角の展開。

11人に戻ってからは攻め込むシーンも増え、PCを獲得。ワンツーでPhilipが得点。これでPhilipはハットトリック。

更に、DSDがパワープレーを仕掛けてGKがいないところを、Jonaが上手くかわしてもう1点。

 

結果、4-1で勝利を手にしました!

Q2以降、運動量を上げて試合を優位に進めることができました。10分続いた人数不利の時間帯でも粘り強くプレーし、勝ち点3を手に出来たことでチームの成長を感じることができませんでした。

これで2試合を終えて勝ち点4。昨シーズンは前半戦で勝ち点7しか取れていなかったので、順調な滑り出しと言えるでしょう。

この試合は自分も良いプレーができ、サポーターにも喜んでもらうことが出来ました。

これからも喜んでくれる人たちの為に勝利を積み重ねていきたいと思います!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。