インドア シーズンスタート!

Moin!

先々週の11/17からインドアホッケーのシーズンが始まりました。

僕の所属するTHK Rissenはドイツ3部リーグの所属です。

昨シーズン、主力選手のケガも重なり、クラブ史上初、3部リーグへの降格したそうです。

今季は2部リーグへの復帰を目指して戦っています。

 

インドア リーグ概況

ドイツ3部リーグ 順位表

 

3部リーグのチーム構成はこのようになっています。

3部リーグはドイツを4つに分けた地域リーグで、THK Rissenは北部地区の所属です。

 

Harvestehuder THC、Club an der Alster、UHC Hamburgはそれぞれセカンドチームです。

規定で、同一クラブで2チーム以上がBundesliga(2部以上)に所属することはできないので、彼らは昇格できません。

つまり、我々はこれらのチームを除いた5チームの中でトップに立つことが今シーズン目指すところとなります。

 

どのチームが強いかは、僕自身初めてなので分かりませんが、一般的に考えれば、2部から降格した我々Rissenは強いチームと言えると思います。

チームメイトの話では、セカンドチーム組がシーズン最初の3試合まで、ファーストチームのメンバーがプレーできるので、強いという話もありました。

 

リーグスケジュール

11/14から来年2/22まで週1―2試合のペースで進んでいきます。(12/16-1/11まではクリスマス&ニューイヤーのため、オフ)

ホーム&アウェイで合計14試合行われます。

詳細はTHK Rissenのスケジュール、またはドイツホッケー協会サイトをご参考ください。

 

これまでの経過

昨日時点で2試合が終わり、2勝しています。

11/17 vsUHC Hamburg 2 6-3(1-2)

11/24  vs HTHC 2 8-3(3-2)

 

それぞれ点差がついているので、楽な試合だったように思えますが、ビハインドの時間帯もあり、難しいゲームでした。

 

アウトドアと比べて2-3倍得点が入る感覚なので、たとえ3点差あってもラスト3分ぐらいまではセーフティと思えませんでした。

 

僕自身は、というとUHC Hamburg戦は出場機会なく、HTHC戦は15分ほど出場しています。

 

アウトドアの出場機会を鑑みて、もう少し出れるかな、と思っていたのですが、想像以上にアウトドアとインドアの間には違いがあり、僕は初心者+αくらいの扱いになっています。

インドアホッケー歴が、若い子でも10年以上、ベテランになれば30年にもなるので、確かにドイツ人から見れば、そう見えるのかもしれません。

 

実際、先日紹介したインドアのルール(リンク)以外にもアウトドアと違うルールがあり、練習試合で

「え?これもダメなの!?」

となるシーンが何度かありました笑

こればかりは、プレーして学んでいくしかないですね。

 

ちなみにHTHCは古巣なので何人か一緒にプレーしたメンバーがいました。

こういう再会は嬉しいです。

 

アウトドアのように、それぞれの試合結果を書いていきたいと思いますが、まだまだインドアホッケーとは何ぞや?状態なので、試合展開を書くことができません。

そのため、試合展開についてはメモ程度にとどめ、試合結果と感想の簡単な報告ができれば、と思っています。

 

新たにインドア用のスティックも購入したので、頑張ります!

Indoor Hockey Malik Stick

Malikのインドア用スティックはグリップエンドが細くなっていて、使いやすいです。

Malik Indoor Hockey Grip

 

それではTschüss!!

Follow me!

インドア シーズンスタート!” に対して1件のコメントがあります。

  1. ExoRank.com より:

    Awesome post! Keep up the great work! 🙂

コメントを残す