【移籍報告】独1部UHC Hamburgへ移籍しました/Transfering to UHC Hamburg(1.Bundesliga)

English follows below Japanese article.

21/22シーズンよりドイツ1部UHC Hamburgへ移籍することになりました。

まず初めに、これまで2年以上一緒にプレーし、前向きに送り出してくれたTHK Rissenのみなさんに感謝します。

 

ドイツで最初に所属したHTHCから戦力外通告を受け、どうしようか悩んでいたところ拾ってもらい、ピッチ上で大きな役割を与えてくれたことは、僕の誇りです。

僕にとってRissenは変わらず大切なチームですし、Rissenerであることを忘れずにプレーしていきます。

THK Rissen 飯高ユニフォーム

THK Rissenユニフォーム

UHC Hamburgへの移籍経緯①:高いレベルでプレーしたいという気持ちで渡独

そんなRissenからの移籍を考え始めたのは昨年末ごろで、チームマネジャー・監督に話したのが4月頭でした。

 

なぜRissenを離れようと思ったか。

それはドイツに渡った理由によります。

僕は大学卒業を機に引退し、選手としての活動は5年以上していませんでしたが、もう一度ホッケーをしようと決めたのが27歳の時でした。

その時に、「世界トップレベルでホッケーをする」ということを決めて、日本ではなくドイツでプレーすることを決めました。

 

「世界トップレベルでホッケーをする」という気持ちはずっと変わりませんでした。

Rissen(2部)でいい仲間やクラブの人達に囲まれ、試合にも50分近く出場できて不満はありませんでした。

しかしよりレベルの高い1部でプレーしたいという衝動的な思いが抑えられなくなり、移籍を決断しました。

Rissenでの試合

試合中の写真

UHC Hamburgへの移籍経緯②:チーム探しと競争

そこからいくつか候補となるチームに連絡し、最後まで話が進んだのがUHC Hamburgでした。

 

UHC Hamburgは昨シーズン6位。ドイツ代表候補選手やスコットランド代表選手が在籍しています。

過去にはEHL(Euro Hockey League、サッカーのUEFA Champions cupに相当)で優勝したこともある強豪です。

UHC Hamburgの試合

UHC HamburgのHPより

今回の移籍はUHCの練習に参加し、1stチーム25名への加入が認められたものです。

試合に出られるのは17名。

ここから1カ月のアピールで試合メンバーに選ばれなければなりません。

さもなければ、3部リーグでプレーすることになり、Rissenでプレーするよりも環境が悪化することになります。

 

ベストを尽くします。

 

1部への再挑戦:この3年間で積み上げたもの

1部のチームに所属するのはこれで2度目です。

最初に所属したのは2018年8‐10月。Harvestehuder THCというチームでした。

残念ながら実力が評価されず、また実力も不足していたという自覚もあり、試合に出られないまま戦力外通告を受けることになりました。

 

当時は自分の実力への自信も持てず、周りのレベルに圧倒されて消極的なプレーばかりしていました。

ボールを受けたくない、受けたらすぐにボールを離す、相手にとって怖いエリアではなくパスが出しやすいところにボールを出す、自分がミスしないことが最優先。

今思えばピッチに立つ以前の問題でした。

HTHC在籍時の試合写真

HTHC在籍時

あれから約3年。

THK Rissenでエースであることを自負してプレーしてきました。

ミスしないことは当然、それ以上にゴールを取る為に自分に何ができるか。

誰よりも走り、前を向いて、どんなボールにも食らいついて、ゴールに向かってプレーをする。

 

そうやってホッケー選手としての能力を磨いてきました。

Rissen集合写真

Rissenの仲間たちと。インドアホッケー3部リーグ優勝後。

今は自分が1部でやれるという70%の自信と、本当に自分の力を出し切れるか、という30%の不安を持っています。

Rissenで役割を与えてもらえたから身につけられたことをUHC Hamburgというチームにぶつけていきます。

 

引き続き応援いただければ幸いです。


I transfer to UHC hamburg(1.Bundesliga)

First of all, I appreciate to all of the member of THK Rissen, where I spend over 2 years and send me positively.

 

I was fired by HTHC where I belonged first time in Germany, and got lost on the road, Rissen picked me up and give me a huge roll on the pitch, I’m proud of it.

 

Rissen is still precious team for me, and I will never forgot that I’m a “Rissener”.

THK Rissen 飯高ユニフォーム

Rissen’s Uniform

 

Process of transferring to UHC Hamburg (1) : Moving to Germany, to play hockey in higher level.

Since end of the last year, I’ve been thinking team transfer from Rissen.
I speaked to Team manager and Head coach beginning of April.

 

Why I decide to leave Rissen, it comes from why I come to Germany.

After I graduated University, I completely retired from Hockey and I didn’t play hockey as a Player over 5years, but I made up my mind to restart Hockey when I was 27 years old.
At that time, I resolved to play hockey in “World top level”, that’s why I play hockey not in Japan, but in Germany.

 

This resolution have not been changed.

I didn’t have any complain in Rissen. I’m surrounded by good people, and I could play hockey very long time on the pitch.
But I can’t stop thinking about playing hockey in higher level, in 1.Bundesliga.
That’s why I decided to transfer the team.

Rissenでの試合

During the game

Process of transferring to UHC Hamburg (2) : Finding team and In-team competition.

Then I contacted some teams and UHC Hamburg accepted me to join the team.

UHC Hamburg was 6th place last year.
Candidate of the Germany nationalteam and Nationalplayer of the Scotland are belong to the team.
In the past, they were a champion of the EHL(Euro Hockey League), very good team.

UHC Hamburgの試合

From UHC Hamburg’s HP

I participated the training and accepted to join the 1st Team(25 players).

Only 17 players can play on the pitch.

I need to be chosen as a member, otherwise I have to play Regional liga(3rd League) and it worse than Rissen.

I do my best.

 

Retry to 1.Bundesliga: What I gained last 3 years.

This is 2nd time to belong to the Team in 1.Bundesliga.
1st time was Aug-Oct 2018. I belonged to Harvesethuder THC.

Regretfully I was not evaluated, and I also recognized that I can’t play in the game, and fired.

 

At that time I couldn’t have a confidence on myself, and I was overwhelmed by other players.
I was just playing passively.
Didn’t want to receive a ball, pass the ball as soon as possible, aim to easy place, not a place where opponents are afraid. I was playing hockey to avoid making mistakes.

When I think about it now, it was a problem before I got on the pitch.

HTHC在籍時の試合写真

In 2018, HTHC

 

3 years since then.
I regard myself as “Ace”.
Not to make mistakes, of course, I’ve been thinking about what I can do to score goals

I run more than anyone else, going forward, try to get every ball, playing towards to the goal.

I’ve improved my ability that way.

Rissen集合写真

With Teammate in RIssen, after the match, we won in the 3rd Liga.(Indoor)

Now I have 70% of confidence that I success in 1.Bundesliga and 30% of anxious that whether I can really do it or not.

Rissen gives me a huge roll on the pitch and I could improve myself.
I believe it, Just do it.

Thank you for reading!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。